商標登録を確認するには

商標登録を確認する際には大きく三つのことを調べる必要があります。
他人が商標権を持っている場合、商標を使用するとその商標権を侵害することになる場合があります。

このため商標登録を確認するためのチェックポイントは次の通りです。

(1)商標が同一か、似ているかどうか
商標権を侵害することになるかどうかは、使用する予定の商標が、登録されている商標と同じか似ているかどうかが決め手になります。

商標登録を確認する際には実際に調べてみないと結果は分かりません。特許庁の特許電子図書館で商標登録を確認することができます。

どの様な調査用データベースを使用した場合でも同じですが、同一のものについては自分で調べることができます。しかし似た様な商標が複数存在する場合、どの程度似ていれば侵害することになるかどうかはやはり判断が難しいのが実情です。

(2)業務分野が同一か似ているかどうか
商標登録を確認する場合、商標が同じであっても登録商標の指定商品や指定役務が全くことなる場合には商標権の侵害には関係がなくなります。

このため商標を使用する商品や役務等の業務範囲が同一か似ているかどうかを確認する必要があります。

商標の確認の場合と同じですが、商品や役務などが同じの場合にはすぐに判断できますが、どの範囲の商品やサービスであれば問題となるかどうかはやはり判断が難しいのが実情です。

(2)現在も商標権が存在しているかどうか
商標権を形式上は侵害する場合であっても、商標権そのものが存続期間の満了により消滅してしまっている場合には、権利消滅以降の商標の使用は侵害の問題が生じません。

ただし商標権が存続期間の満了により消滅した場合でも権利の復活期間が認められています。このため消滅したはずの商標権が生き返る場合があることに注意が必要です。

商標登録を確認する際の注意点

同一の商標が登録されているかどうかは比較的容易に見つけることができますが、使用すれば侵害することになる様な似ているかどうかが微妙な商標登録を確認することは専門家にお願いすることが無難です。

ですがそもそも同一の商標登録がある場合に重ねて商標権を後から取得することはできませんから、同一の商標登録があるかどうかは最低限調べておいた方がよいでしょう。

一番の問題点は最初に商標を使用したものに商標登録が与えられるのではない、ということです。このため、商標登録を確認した段階で全く問題がない場合であっても商標登録の手続をしていない場合には、後から特許庁に商標登録出願をした者が正式権利者になってしまいます。

このため今は大丈夫でも将来に他人の商標権を侵害することになる問題が発生します。この様に現時点だけではなく、将来も注意しておく必要があります。